脂漏性脱毛症の原因や症状は?の情報ページ

脂漏性脱毛症の原因や症状は?

脂漏性脱毛症の原因や症状は?

脱毛症といっても、その種類はいろいろあります。男性に多いのがAGAと呼ばれている男性型脱毛症ですが、他の脱毛症もあるのです。

 

脂漏性脱毛症は過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさぎ、それにより毛根が炎症を起こすことで脱毛します。ホルモンバランスの崩れが原因と考えられ、皮脂で塞がれた毛穴の周辺で常在菌が繁殖し、炎症が毛根まで及ぶために毛が抜けてしまうのです。

 

脂漏性脱毛症の頭皮の状態は、皮脂が毛穴を塞いでいるのが肉眼でもわかり、皮脂を取り除くと毛穴が赤く炎症を起こしています。そして、皮脂を取り除いても毛穴からすぐに皮脂が大量に分泌され、頭皮は皮脂でべたべたしています。

 

ひどくなると脂漏性皮膚炎という状態になり、毛穴が化膿してかゆみや痛みを引き起こします。この脂漏性脱毛症は若い世代で発症することが多く、基本的には過剰に分泌した皮脂を除去することで状態は良くなります。

 

頭皮を清潔に保つことが必要なのですが、皮脂をしっかり取り除きたいからといって、洗浄力が強く、刺激の強いシャンプーを使うのは間違いです。特に高級アルコール系シャンプーは脂漏性脱毛症の方は、より脂性につながりやすいので、刺激が少ないアミノ酸系シャンプーを使用するとよいでしょう。

 

刺激の少ないシャンプーで丁寧に洗うことが大切です。ですから、低刺激のアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。また食事と同様に育毛剤や育毛シャンプーで栄養と洗浄をしっかり行っていくのが効果的ですが、毎日使用することが多いシャンプーを育毛用の頭皮の乾燥を改善する女性用の渋い育毛剤に切り替えていくと効果的でしょう。

▲脂漏性脱毛症の原因や症状は? 上へ戻る

脂漏性脱毛症の原因や症状は? 先頭へ戻る