パラベンはシャンプーに配合されていると良くないの?の情報ページ

パラベンはシャンプーに配合されていると良くないの?

パラベンはシャンプーに配合されていると良くないの?

シャンプーの主成分は水のため、そのままの状態で長期間保管していれば腐ってしまいます。更にシャンプーを保管する場所はたいていお風呂場で、高温多湿の環境下に四六時中保管されるため品質が劣化しやすいものです。

 

品質を低下させないためには防腐剤は配合しなければならないでしょう。パラベンが配合されていないなら、防腐剤として配合されている成分は一体何なのかを確認する必要があります。

 

パラベンの危険性を認識している方はパラベンフリーなら安全だと判断しているケースが多いですが、他に防腐剤として配合されている成分の方が、危険性は高い可能性も考えられます。

 

例えばフェノキシエタノールは安全性が高いと言われていますが、パラベンよりも配合量が多くなりやすいため人によっては刺激を感じやすいと言われています。育毛を考えている場合には、どちらにしても刺激が蓄積しないようなタイプのシャンプーを使用するのが大切です。

 

シャンプーでも女性の育毛方法にある情報を参考にして、大切な生活習慣にプラスして刺激が少ないシャンプーをしようしていきましょう。

 

場合によっては頭皮トラブルを引き起こしやすくなるため注意して使用しなければいけません。天然成分の中にも防腐剤の役割を担う成分が存在していますが、アレルギーを引き起こす可能性については十分注意が必要です。シャンプーの安全性を確認する場合は成分表示を確認し、それぞれの働きをきちんと理解して下さい。

▲パラベンはシャンプーに配合されていると良くないの? 上へ戻る

パラベンはシャンプーに配合されていると良くないの? 先頭へ戻る