発毛メカニズムとヘアサイクルの関係の情報ページ

発毛メカニズムとヘアサイクルの関係

発毛メカニズムとヘアサイクルの関係

発毛のメカニズムと密接に関連しているヘアサイクルは、別名発毛周期とも呼ばれています。ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期という3段階に分かれていて、一般男性で、ほぼ2年から7年をかけて3工程を消化し、このサイクルを永久に繰り返していきます。

 

成長期とはその名前の通り、髪の毛が生まれてから成長を続けていく期間を言います。ひとつの成長期の期間としては、一般男性で2年から6年、一般女性では4年から7年と言われています。

 

成長期が終わると退行期と呼ばれる期間に入ります。この期間では細胞分裂が終了することで、髪の毛は2週間から3週間くらいの間、現状を維持しようとします。そして最後に、髪の毛が抜け落ちてしまう休止期へと進んでいきます。生活習慣と抜け毛は関係しているので、これらの状態が悪いと発毛しにくいと言えるでしょう。

 

ヘアサイクルが常に一定の周期を保ったまま繰り返されるときには問題の無かった髪の毛のコンディションですが、ストレスや偏った食習慣あるいは喫煙、過度の飲酒といった日常的な要因により、たちまち、ヘアサイクルのバランスを失い、大きなダメージを受けてしまいます。

 

保湿成分が配合されていると女性の産後の薄毛に何故良いのかという方は実際にお試しでも良いので育毛剤を使用してみると良いでしょう。

▲発毛メカニズムとヘアサイクルの関係 上へ戻る

発毛メカニズムとヘアサイクルの関係 先頭へ戻る