頭皮の皮脂を根こそぎとってしまう石油系シャンプーの情報ページ

頭皮の皮脂を根こそぎとってしまう石油系シャンプー

頭皮の皮脂を根こそぎとってしまう石油系シャンプー

ドラッグストアやスーパーなどで販売されているシャンプーのほとんどは、石油系シャンプーになります。

 

石油を原料とした合成界面活性剤の洗浄成分を使っているため、原価がとても安いので手頃な価格で購入できます。

 

企業にとっても利益率が良いというメリットがありますが、髪や頭皮にはメリットがありません。

 

石油系合成界面活性剤は、とにかく洗浄力が強いのできっちりと洗い上げるという反面、頭皮の乾燥を防ぐ皮脂までも落としてしまいます。

 

皮脂はしっかり落とした方が良いというイメージがあるかもしれませんが、皮脂は適度に残していく必要があるのです。

 

頭皮は皮脂膜によって守られることで、外部からの刺激からも保護され、水分の蒸散も防ぎます。

 

そして潤いを保ちながら、健康な髪を育てていくのです。

 

皮脂膜は皮脂と汗が混ざり合って出来るので、皮脂を全部落としてしまうと頭皮は無防備になります。

 

皮脂を汚れやにおいなどと同じように落としきってしまったら、刺激に弱くなりしまうこともあります。

▲頭皮の皮脂を根こそぎとってしまう石油系シャンプー 上へ戻る

頭皮の皮脂を根こそぎとってしまう石油系シャンプー 先頭へ戻る